SUPツアーやスクール参加する際、悩んでしまうことの一つが服装だと思います。
ウォータースポーツだけど泳ぐわけでもないので、どんなものが必要なのか分からない。海に慣れている人ならいいけど、栃木県の様に海がない県の出身者からすると、特にそういうスポーツの際の服装に困ってしまうものです。

Sup! Sup! のツアーやスクールに参加される際の服装や重要アイテムをご紹介します。

この下の写真、僕が中禅寺湖で自撮りをした一枚ですが、見てもらえば分かる通りそれほど特別な装備は必要ありません。が、いくつか重要なポイントがあります。

帽子:とても重要です。天気が急に変わるのが自然のスポーツ。日差しを避けることもできれば、急な雨で体温が下がることから守ってくれます。特に「体温が下がる」という意味では、頭から熱が逃げていくので天気が悪い場合も想定するととても重要なアイテムです。

ヒートテック(ファーストレイヤー):これも帽子とほぼ同じ役割を果たしてくれます。特に寒さに対しての対策を重視する場合はとてもおすすめ。必ずしもヒートテックである必要はなく、アウトドアショップで販売されているポリエステル%の高いものが乾きやすいのでより良いです。また、ボードの上に座ったり、寝そべったりする際、若干水がボードの上に上がってくるので濡れます。ですので体温の温存は大切。僕はほぼ常に履いています。

マリンシューズ:これは必須ではありませんが、より楽しむためには一足持たれることをおすすめします。かかとを固定できるサンダルでもいいですね。最悪の場合、ビーチサンダルでもあったほうがベターです。なぜかというと、中禅寺湖は火山の噴火で出来た湖のため、湖畔の多くはごろごろとした大きめの石や岩に覆われていることが多く、SUPボードから陸へ上陸する際、素足ですととても足の裏が痛いのです。。。

この上の写真は夏のシーズンで、天気が雨の日の様子です。上述したような服装の上に、アウトドア用のアウタージャケットを着て、その上からライフジャケットを付けています。
あまり強い雨の日にSUPをすることは多くありませんが、雨でもどうしてもSUPしたいという場合は気軽に相談ください。そのような天気の際はこのような装備をされる必要があります。
ざっと大まかな服装に関する説明をしましたが、その日の天気やシーズンによっても準備すべき物が変わってきたりもします。そういう部分も自然で遊ぶスポーツの醍醐味でもあるので、ぜひ楽しんで頂きたい要素と思っています。

ご予約していただいた際、服装や持ち物に関して改めて個別に確認連絡しますのでご安心ください。