Sup!Sup!(サップサップ)では、日光市、中禅寺湖にてSUP(サップ)によるツアーを運営しています。中禅寺湖の大自然を巡るSUP探検ツアーや、ビギナーの方も楽しめる体験プランをご用意。日光の大自然の中へ一緒に冒険へ出かけましょう。

質問 / FAQ

  • HOME »
  • 質問 / FAQ

Sup!Sup!に関するよくあるご質問

自分のSUPを持ち込みで参加することは可能ですか?
はい、可能です。ご自分のSUPボードを持参される場合は1,000円ディスカウントさせて頂いており、ご予約の際、その旨チェックを入れる箇所が御座いますのでご利用ください。

個人的にSUPで中禅寺湖に入ることは問題ありませんか?
はい、可能です。国立公園とラムサール条約の規定からライフジャケットの着用、遊泳禁止、動力船禁止、などのルールを守っていれば個人での利用は問題御座いません。ただこの回答は正式なものではなく、公式な規定については栃木県にお問合せ下さい。こちらのページの最下部、「お問い合わせ」にある窓口にお問合せ下さい。
県西環境森林事務所のホームページ

着替えを出来るところはありますか?
開始する場所によって異なりますが、ボートハウスの中の綺麗なトイレや、屋外の公衆トイレ。或いはSup! Sup! の車両の中にシェードを張って、その中で行っていただいています。

明日の天気予報が雨なのですが、実施についてはどう考えればよろしいでしょうか。基本的には雨でも決行でしょうか?中止の場合の連絡はどのようになっているでしょうか?
基本的には、お客さまがご希望されれば雨でも実施しております。ですが、もし濃霧が発生していたり、風が強く白波が高く上がっているような状況であればSUPビギナーさんにはちょっと難しい状況なのでおすすめはしておりません。中止についてですが、その時の天気予報の状況やお客さまのご要望に応じますが、基本的には前日の夜21時ごろまでに最終判断をしております。但し、お客さまが当日朝まで粘りたいということであれば、当日朝の状況を見て判断と連絡をさせて頂いています。

持ち物に水着とありましたが、やはり水着を着てくる方が多いのでしょうか?また、どの程度濡れることを想定をしたらよいでしょうか?
水着を来てくる方もいますし、短パンとその下にタイツなどを履いてくる方も多くいらっしゃいます。 [服装について参考になる記事はこちら] どの程度濡れるかということについですが、もし湖面に落ちない場合でもボードの上に水が上がってくるため、膝下まで濡れます。絶対濡れない方向で行うこともできますが、気温が高い日であればやはりウォータースポットでもあるため多少濡れた方が楽しんで頂けると思います。絶対に落ちたくない場合は、おっしゃって頂ければそのような内容で進めさせていただきますのでお気軽にお声がけください。

近くにシャワーとかはあるんでしょうか?
いえ、ございません。海とは違って塩水ではなく真水のため、ベトベトするということはありませんが、シャワーが必要な場合は近くのホテルや温泉街の日帰り温泉をご紹介しております。

足元はクロックス、ビーチサンダル、或いは裸足でも大丈夫でしょうか?
もし適当なものがなければ、この時だけ濡れても良いような運動靴などを使用されるのを最もおすすめしています。クロックスはボードの上で非常に滑るので使用をご遠慮頂いています。また、かかとがついていないビーチサンダルでも可能ですが、ボードの上で脱げてしまうことがあるため、十分にご注意ください。ご使用される場合はボードの上では脱いで頂き、ボードの固定バンドに収めてください。

児童は何歳から参加可能ですか?
お子様がいち参加者として参加される場合、天候の特徴の影響から、一人でも安全にパドル操作が出来る体力が必要になってきます。その為、小学5、6年生以上参加可能という条件を設けさせて頂いています。但し、SUPボードの積載可能体重は約100キロまでとなっているため、小さいお子様と一緒に乗って頂くことは可能です。その場合、別途、追加で料金を頂く必要があることと、お子様用のライフジャケットはお客さまにてご用意して頂く必要がございます。*中禅寺湖湖面のルールとして、ライフジャケットの着用は必須となっています

参加の予約をしたが、友人が参加はしないがSUPを見学したいとのことなのですが、見学として連れて行くことは可能でしょうか?
はい、もちろん可能です。見学には一切料金はかかりませんし、ぜひご自由にいらしてください。

Sup! Sup! の連絡とお伝えください TEL 0288-54-0118 am9:00 ~ pm17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

Instagram




Twitter

PAGETOP
  © Sup! Sup! 2017